【202006】Wherebyにホワイトボードなど新たな機能が追加されたのでまとめました

リモートワーク

マーケティングとアウトソーシング支援で企業の売上拡大をサポートするメディコム株式会社です。

以前にご紹介させていただいた、オンラインミーティングツールのWhereby。

今回6月のアップデートで大きく3つの機能が追加されましたので紹介いたします。


※インストール不要・トライアル無料

機能1:オンラインホワイトボードサービスの「miro」が表示可能に

以前はYoutube・Trello・Googleドライブとのサービス連携しかしていませんでしたが、今回のアップデートで新たに「miro」との連携が追加されました。

使い方はYoutubeなどを共有するときと同様に、Shareにカーソルを合わせてmiroを選択するだけです。

するとこのようなホワイトボードが表示され、このような書き込みができます。

  • 付箋を付けてテキストを書き込む
  • 図形を表示させテキストを書き込む
  • 図形・付箋を線や矢印で結ぶ
  • コメントを付ける

ホワイトボードの中身を保存するにはmiroのアカウントを作る必要がありますが、会議中のブレストに使いたいだけなら登録は不要です。

機能2:ピクチャーインピクチャーで別画面を見ながら参加可能に

ピクチャーインピクチャー機能とは、現在参加しているウェブ会議を画面の隅に表示させながら会議に参加できる機能です。

この機能を使えば、調べ物をしながら会議に参加したり、議事録をまとめながら会議に参加したりしやすくなります。

実際にこのような感じで画面の右端に表示されます。

機能3:会議参加者の全退出ボタンを実装

ZOOMbのオーナーには以前から付与されていた機能ですが、会議の参加者を全退出させるボタンが追加されました。

これで参加者ひとりひとりが退出ボタンを押す手間が減ります。

地味ですが、個人的には嬉しい機能です。

まとめ

以上、2020年6月に行われたWherebyのアップデートの内容をまとめました。

通信の安定度でいうとまだZOOMの方が安定していますが、ZOOMと違い様々なサービスとの連携をしやすいというメリットがあります。

またURLを開くだけで参加できるので、ウェブ会議に慣れていない人でも使いやすいです。

まだWherebyを使ったことがない方はぜひ使ってみてください。


※インストール不要・トライアル無料
タイトルとURLをコピーしました