Google Meetが2020年5月より無料利用可能に。 その使い方を解説します。

リモートワーク

制作会社や代理店のマーケティングバックアップサポートをしている、メディコム株式会社です。

Googleが無料で提供しているビデオ通話システムの「Google HangOut」

その上位互換版のGoogle Meetが2020年5月より無料で利用可能になるという情報が出ました。

情報源:https://blog.google/products/meet/bringing-google-meet-to-more-people

今まではGSuiteを使っているユーザーのみに限定されていた機能です。

ここではその使い方を解説いたします。


※インストール不要・トライアル無料

Google Meetでのオンライン会議の始め方

Google Meetでの会議の始め方はものすごく簡単です。

まず、Google Meetのページにアクセスします。

https://meet.google.com/

Gsuiteに入っていないユーザーだと、4月時点ではこのように表示されています。

これが5月以降はこのように変わります。

この画面上の「ミーティングに参加または開始」をクリックすると、下記画面が出てきます。

他の方が作ったミーティングに入る場合はミーティングコードを。 自分で作る場合は自由に設定もできますし、空白のままでも開始できます。

ちなみに、ミーティングコードは英数字しか設定できませんでした。

その後続行を押すと、ミーティング開始前の画面に移動します。

カメラやマイクを繋げていないPCで開いたのでこの様な表示になっていますが、この画面でカメラやマイクの設定を確認します。

「今すぐ参加」を押すことで、ミーティングが開始します。

ミーティング画面に移動すると画面に下記の表示が出ます。

「参加に必要な情報をコピー」を押しその内容を他の参加者に送れば、あなたのミーティングに参加することができます。


※インストール不要・トライアル無料

ミーティング中にできること

ミーティング開始後も、他のオンライン会議システムと同じように画面共有やチャットの機能を使うことができます。

そのやり方を書いておきます。

画面共有のやり方

画面共有のやり方はとても簡単です。

ミーティング画面右下にある「今すぐ表示」のボタンを押し、どの画面を共有するかを選ぶだけです。

共有できるのは「PC全画面」「Chromeタブ」「どれかのウインドウ」のいずれかです。

チャットを開く方法

チャットを開く方法もとても簡単です。

ミーティング画面右上にある人のマークと「あなた」と書かれているアイコンの間をクリックするだけです。

これを押すことでチャット画面を開くことができますので、音声通話が難しい場所でもミーティングを行うことができます。

まとめ

以上、5月より無料で利用できるようになるGoogle Meetの使用方法でした。

リモートワークでビデオ会議が増えているかと思いますので、その時その時にあったツールを選ぶようにしましょう。

メディコムでは、リモートワークでコア業務に効率的に取り組むためのサポートをしております。

「タスクに忙殺されて、重要な業務が全然進まない」 そのようにお困りの方はぜひご相談ください。


※インストール不要・トライアル無料
タイトルとURLをコピーしました