コールトラッキングとウェブ広告を活用した、集客最適化プラン

知っていましたか?

検索広告経由でタップされた電話番号は、その4分の1しか実際の通話につながっていないんです。

つまり、電話での問い合わせが多い場合は「本当に電話が掛けられたキーワード」を計測する必要があるんです。

弊社では電話の実数とそこに至ったキーワードを知るため、「Delacon(デラコン)コールトラッキング・ソリューション」をご提案しております。

弊社が代理販売を行っている「Delacon(デラコン)コールトラッキング・ソリューション」について

弊社が代理販売を行っているコールトラッキングシステムを提供している「Delacon(デラコン)」はコールトラッキング分野では業界リーディング・カンパニー。
世界中で約1,000社がDelaconのコールトラッキングを利用しています。

コールトラッキングの仕組み

Delaconのコールトラッキングシステムは「1ユーザーのアクセス毎」に異なる電話番号を表示します。

この状態で電話がかかると、どのユーザーからの電話か判別できるので

  • 流入したキーワード
  • サイトを見ているブラウザ
  • スマホかパソコンか

などの情報を取得できます。

このように聞くと「たくさんの電話番号が必要だから、費用が高くなるんじゃ・・・」と思われますよね。

しかしDelaconが独自開発した技術で電話番号を効率的に利用する事で、より少ない電話番号数でトラッキングが可能です。

では、このコールトラッキングを活用したウェブ戦略は以下のとおりです。

コールトラッキングを活用したウェブ戦略

コールトラッキングを活用したウェブ戦略は3段階に分かれています。

  1. リスティング広告出稿及び成果の高いキーワードの収集
  2. 収集したキーワードに合う資料を準備
  3. 収集したキーワードで自サイトのコンテンツ拡充

それぞれ解説します。

リスティング広告出稿及び成果の高いキーワードの収集


まず第一段階。

コールトラッキングシステムを設定後、リスティングの検索広告を出稿します。

リスティング広告経由で電話があったキーワードをコールトラッキングシステムで収集します。

電話番号のタップだけであれば通常のリスティング広告でも可能ですが、その4分の3は実際の通話につながっていません。

実際に通話のあったキーワードが何なのか。 見極めるためにはコールトラッキングシステムは必須です。

収集したキーワードに合う資料を準備


次に第二段階。

上記の検索広告で収集したキーワードのニーズや悩みに合わせた資料を作成します。

この資料はリスティング広告で活用してもいいですし、SEOで上がっているのであれば各記事からダウンロードするよう促してもいいです。

この資料によって「名前などのわからない訪問ユーザー」から「名前などの情報がわかっている見込み顧客」に情報をアップデートさせます。

収集したキーワード+関連ワードで自サイトのコンテンツ拡充


最後に第三段。
リスティング広告で分かったもの+そのキーワードに関連するキーワードを用いて、自サイトのコンテンツを拡充させます。

拡充の方法は「個別のランディングページを作る」「コラムを追加する」など様々な方法がありますので、状況にあったものをご提案させていただきます。